『福丸珈琲』名称の由来について

 「福丸」と言うのは実在する地方の小さな町の地名。実は福丸珈琲の店主(中村守)の出身地、福岡県宮若市福丸から拝借したものなのです。昭和30年代、この町はかつて子供たちの歓声が道に溢れる活気に満ちた町でした。しかし現在の福丸の町は他の地方都市と同じく過疎が進み昔の面影はありません。それでも地元の人々は努力を重ね次第に活気が戻ってきているようです。遠く離れたこの埼玉でも福丸と言う名称が再び脚光を浴びるよう共に努力してゆきたいと考えます。皆様の温かいご声援を宜しくお願い致します。

福丸珈琲ビフォアフター